八ヶ岳南麓 ~お山にて

八ヶ岳南麓、山梨県北杜市と東京を行ったり来たり。自然に恵まれたお山の生活を楽しんでいます。

眼鏡をつくり、「鰻・伊豆栄」に思いをはせる

両親ともにどちらかというと遠視。

だからでしょうか。

幸せなことに視力で悩んだことが

ありませんでした。

 

妹はもっと見えちゃうからか、

子どもの頃から楽譜を見るときには

眼鏡をかけていました。

彼女はバイオリン弾き。

譜面台に乗せた楽譜を見るという、

ピアノ以上に遠い状態の楽譜が

見えにくかったみたいです。

 

そんなこんなで

眼鏡屋さんに全く縁がなかったんですが

親友が若いときからお世話になっている

上野の眼鏡店に一緒に付いて行ったときに

「へー、老眼鏡でなく、

リーディンググラスっていうのね~」

 

視力を検査してもらったら

軽い乱視があって

仮の矯正メガネをかけたら

あら、すごい!

 

本好きで一日を読書で締めたい私、

疲れているときはボヤ~っと

読めない活字にイライラしてたので

ショップの中を回遊し、

気に入ったフレームを見つけ、

思いっきり「衝動買い」したのでした。

 

今回は度が合わなくなってきたのを

自覚して自発的に第二の眼鏡探し。

先月末にくだんの親友が

ドイツから一時帰国したときに

一緒に選んでもらいました。


f:id:ohitorisamapiano:20181119200135j:image

 

いつも身に付けてるわけではないから

ちょっとカラフルなフレームにしてみました。

「5年ぶりですねー。

それにしては視力などは、

そんなに悪くなってないですよ!」

と担当のかたにお誉めいただきました(笑)

 

 

帰り道に通りがかった

池之端にある鰻の名店「伊豆栄」

 

f:id:ohitorisamapiano:20181119200044j:image

 

ここは祖父がお気に入りで

法事のあとは必ずここで

親戚一同で会食していた思い出の場所。

 

昭和の懐かしい記憶。

今も変わらないのでしょうか。

最後に入ったのは20年くらい前?

 

都内の美味しい鰻屋さん情報、

簡単に手に入る現在ですが、

お味はともかく、

思い出の中では

ずっと幸せの象徴です。