八ヶ岳南麓 ~お山にて

八ヶ岳南麓、山梨県北杜市と東京を行ったり来たり。自然に恵まれたお山の生活を楽しんでいます。

80代シスターズが作る紫蘇レシピ

お山の庭に大量に成長していた、穂をつけた赤紫蘇。

 

f:id:ohitorisamapiano:20181002231003j:plain

 

9月半ばの弾丸滞在では

気力も時間もなく、そのまま放置しました。

www.ohitorisama-piano.com

 

本当はちょっと期待してそのままにしたんです。

9月末にシニア家族2人が来ることが分かってたので

「なんとかしてくれるかな~?」と期待して(笑)

 

 

この二人とは母と伯母。

長年東京郊外に住んでいますが、

こういうことに長けています。

 

私が枝ごと摘み取ってどんどん積み重ねると

デッキに座ったまま二人でおしゃべりしながら

実をしごくという作業を

もくもくとしてくれました。

 

f:id:ohitorisamapiano:20181002231037j:plain

 

私も子どもの頃、

実家の庭でお手伝いさせられて

毎シーズンこれをやってました。

紫蘇のいい香りがするのはいいのですが、

アクが強いからか、指先や爪まわりが

真っ黒になって、結構大変なんです。

 

滞在中、午前中の涼しい時間はお庭の草抜き。

そしてお昼過ぎからはこの作業。

毎晩暗くなってからもデッキのライトを点けて

連日19時くらいまで作業してくれました。

 

私はその時間はお風呂の準備や夕食作りで家の中。

ご近所さんからしたら

「お年寄りを遅くまで働かせるなんて・・」と

そんな光景だったかもしれません。

 

「疲れたら休んでね」

「適当なところで終わりにしてね~」

と声かけてもまったく耳を貸さず。

収穫したモノは有効に使わなきゃもったいない・・と

戦前戦後を生き抜いた80代シスターズは

いたってマイペースなのでした・・。

 

実をしごいた後は水洗い。

 

f:id:ohitorisamapiano:20181002231056j:plain

 

 

水切りをして鍋に入れて醤油で煮ます。

実がまとった水分があるので、加えるものはなし。

 

f:id:ohitorisamapiano:20181002231110j:plain

 

最後に味醂を入れて煮詰めます。

 

80代シスターズに「分量はどのくらい?」と聞いたら

「そのときの実の大きさや実の入り具合でちがう、適当でいい」

とのことでした。

 

この年代の二人が来年のこの時期、

お山の家に来ることができるかどうかわからないし、

もう、このレシピを聞くことが出来ないかも?と思って、

心してメモしていた私は苦笑。

 

おそらく1キロ以上の重量があった紫蘇の実。

すべてを保存可能な状態にしてくれた80代シスターズに感謝。

 

温かいご飯にのせるのが一番美味しいです。

おにぎりの具としてもグー!!

北杜市内、そして東京の友人たちに配りました。

 

f:id:ohitorisamapiano:20181007193058j:plain