八ヶ岳南麓 ~お山にて

八ヶ岳南麓、山梨県北杜市と東京を行ったり来たり。自然に恵まれたお山の生活を楽しんでいます。

お山の庭は虫との戦いの場

八ヶ岳南麓、北杜市にあるお山の家の庭。

 

冬は寒いから木々や草花も

そんなに育ちませんが

春から秋にかけてのシーズンは

やることがいっぱいです。

 

草抜き、草刈り、枝の剪定など

お山の庭で作業するときは

こんな装い、っていうか

がっつりガードの重装備です。

 

    f:id:ohitorisamapiano:20180830203754j:plain

 

服装は・・。

Tシャツの上にメンズものの綿の長袖シャツ

モンペスラックス(ジーンズだと窮屈で立ったり座ったりが面倒)

ハイソックス

紐付きの長靴

 

顔まわりは・・。

サングラス

虫よけネット

麦わら帽子

 

手にはもちろん、グローブはめてます。

 

サングラスをかける前に

UVカットの日焼けを顔にたっぷり塗りこめ、

すべてを着用し終わったところで

防虫スプレーを噴きかけて

いざ出陣!

 

お山の家が出来てから早4年。

スズメバチが巣を作って

難儀したこともありました。

 

www.ohitorisama-piano.com

 

 

 幸いなことに

スズメバチやハチ類に刺されたことはありませんが

ブヨやダニなど

面倒な虫に刺されたことは数知れず。

 

経験上一番多かったのは

朝早くや夕方に草むしりをしていて「プチッ!」

数時間後から熱が出て

翌日から3日間ほど腫れあがってしまう(たぶんブヨ)

これはけっこう厄介です。

刺された箇所によっては

1年以上ずっと痒さが残ります。

 

その他油断しているときも危険です。

裏庭にあるコンポスト

生ごみを捨てに

裸足でサンダルで庭を歩いてて

次の日から踵下の全体が腫れあがる(たぶんダニ)

そんなこともありました。

 

いちおう「ポイズンリムーバー」という

蜂やアブ、蚊、毒虫などに刺された時、

患部から毒を吸い出す

こんな道具は常備してるのですが・・。

 

  f:id:ohitorisamapiano:20180830213633j:plain

 

刺された直後はあまり自覚がないので

これを思い起こすことがなくって。

そのあげく、痒くて痛くて熱いという

つらいつらい思いをする羽目になります。

あまりにひどくて

皮膚科にかかったことも数知れず。

 

私はアレルギー体質で過敏なのか

刺された患部だけでなく

その周囲が熱をもって広範囲に腫れあがります。

 

お山滞在中はなんとか我慢したものの

帰京してから診てもらった皮膚科の先生に

「なんでこんなに放っておいたの?」

と言われたこともありました。

 

そんなこんなで

庭の手入れにのときは

こんな「いざ出陣!」的な装備になってます。

 

それでも・・・。

7月にはこの装備をしてたにも関わらず

あごを刺されて3日間ほど腫れあがりました。

以前処方していただいた

ステロイド系の強い薬を塗布し、

それ以上長引かなかったのが幸いでした。

 

 

最後にさわやかなおススメをひとつ。

暑い夏の作業には

これも重宝します。

f:id:ohitorisamapiano:20180830205545j:plain

 

しろくまのきもち」

水で濡らして首に巻くと

気化熱でちょっと冷たい感触。

30分くらいは心地よく

庭の作業に没頭できますよ。