八ヶ岳南麓 ~お山にて

八ヶ岳南麓、山梨県北杜市と東京を行ったり来たり。自然に恵まれたお山の生活を楽しんでいます。

八ヶ岳カラマツ・チェンバロコンサートへ

お山の家に滞在中のお盆の時期、

知り合いが連日出演するというので

北杜市高根町に家が竣工したばかりの友人を誘い、

八ヶ岳カラマツ・チェンバロコンサート」を聴きに

八ヶ岳高原音楽堂へ。

 

地元八ヶ岳産の樹齢110年のカラマツで作られた

チェンバロが2018年春に

開館30周年記念として、

このホールに常設になったようですね。

 

チェンバロとは・・

16世紀から18世紀にかけてヨーロッパの宮廷社会で流行し、

バッハ以前の音楽「古楽」の代表的な楽器として知られ

時代を超えて愛され続ける、

繊細な美しさをたたえた楽器です。

 

ロケーションは・・

清里から長野方面、野辺山を抜けたあたりで

八ヶ岳の東山麓を登って行くと

標高差が約400mの緩斜面に、

南北に約2.6km、東西に約5.5knの規模で

「八ケ岳高原海の口自然郷」という

大きなリゾートがあり、

ここには「八ヶ岳高原ロッジ」や

この「八ヶ岳高原音楽堂」、

そして1300戸以上の別荘が並んでいます。

まさに高原の保養地という区域です。

 

 

これが音楽堂の建物。

f:id:ohitorisamapiano:20180826181734j:plain

 

客席から観たステージは

大きなガラスを通して緑がきれいです。

f:id:ohitorisamapiano:20180826181601j:image

 

 

全体に木材をふんだんに使っていて

ゴージャスな造りです。

f:id:ohitorisamapiano:20180826181623j:plain

 

それもそのはず・・・

これをfacebookに投稿したら、

幼馴染の速レスがつきました。

「まだ、やってるんだね~~。

 30年前のバブルの頃、今は亡き西武系の会社が開発したんだよ」

そういえば彼は新卒でそこに就職したのに、

何年も経たずに

再就職を余儀なくされたことを思い出しました。

 

毎日開催されている、このランチタイムコンサートでは

チェンバロに親しんでもらおうということで

ちょっとしたチェンバロについてのレクチャーをしながら

バッハの名曲、有名なポピュラー楽曲などを

気楽に聴けるように構成されていて

知り合いのチェンバリストも笑顔でステージに立っていました。

 

当日の演奏ではありませんが

こんなPVを見つけました!

よろしかったらご覧ください♪

www.facebook.com

 

帰りに友人を新居に送って行ったら

私の育てたお山の家の花々が

彼女の手作りの花瓶に

すてきに活けられていました。

f:id:ohitorisamapiano:20180826181908j:plain