八ヶ岳南麓 ~お山にて~

八ヶ岳南麓、山梨県北杜市と東京を行ったり来たり。自然に恵まれたお山の生活を楽しんでいます。

花粉症を克服の記 ③

生まれついたときからアレルギー体質の私。

 

今でもお山の家での草刈り中、

虫に刺されたりすると

ものすごいことになってしまうので

養蜂家のような重装備で庭に出ています(笑)

そのことはいずれ、また。

 

 

子どもの頃からの慢性鼻炎(のちに花粉症と判明)、

ときどき起こる喘息発作に加え、

20代からは皮膚に不調が出てきました。

 

手の指にブツブツが出来て、かゆい。

そのうちにそこがひび割れ、血が滲み出て

いつも手が真っ赤という症状。

 

まずは近所の皮膚科医院に通い、病名がつき、

処方された薬を塗布していました。

でも何か月経っても何も変わらず、

そのうちに薬を変えられましたが

全然よくなりませんでした。

 

その後はクリニックを転々とするものの

同じことの繰り返し。

ときどき、かえって悪化したりすることもあったりして。

いったい何種類の薬、

何軒のクリニックを彷徨ったことか。

 

そんなとき、

仕事場の先輩の「喘息がなくなった!」

という話が聞こえてきました。

30歳の頃です。

なんでも腕の良い鍼灸師に巡り合ったとのこと。

 当時、喘息は軽い発作が出るくらいでしたが

「なくなった!」という言葉に感動。

 

鍼やお灸という東洋医学

知らなかったわけではないけど、

考えたこともなかった・・。

 

すぐにその先輩に紹介してもらって受診。

 

 

その先生がおっしゃるには

 

「今までアレルギーの症状を押さえるために

 長年にわたり使ってきた

 飲み薬、塗り薬などのステロイド

 本来は身体によくないモノ。

 もし本当に今の症状を治療したいなら

 時間がかかります。

 今はまだお若いので体力があるから

 きっと治癒されますが、

 年を重ねてからでは難しくなります。

 初めは週に2回程度

 通っていただかなくてはいけませんが

 それでもいいですか?」

 

かなりの覚悟がいりますよ!

というそんな説明でした。 

 

当時の私の悩み、

1番のが湿疹

2番が喘息

3番が花粉症

 

全部を本当に治してもらえるなら

頑張ってみようか・・。

でも、ほんとに治るのかな?と半信半疑でした。

 

「わらをもすがる」

まさにそんな気分でした・・・。

 

そんなことで

週2回の鍼灸院通いが始まりました。

 

保険がきかない治療だし、

電車で1時間以上の通院は時間も取られ、

交通費もばかにならず。

 

 

続く