花粉症を克服の記 ①

私は子どもの頃、

慢性鼻炎とか、

アレルギー性鼻炎とか

そんな病名で

ず~っと耳鼻咽喉科のお世話になってました。

 

特に3月の木の芽時から

5月頃までは特に症状がひどく、

学校帰りに毎日のように通院してました。

 

先生に鼻の中を洗浄してもらってから

薬が噴霧される管を自ら持って

10分くらい鼻に突っ込む・・。

それだけのために診察室の前で

1時間以上待ってました。

 

待ち時間が長い・・とはいえ、

備え付けのマンガを読みながら

親の目の届かない

貴重な時間を満喫してました(笑)

 

10歳の頃には

「鼻の中を焼く」

という、当時では画期的な

外科的処方もしていただきました。

鼻の中に電極みたいなコテを突っ込まれ、

ジュ~、という音。

そのあと一週間ほど鼻血が止まらず

「このまま体の中の血が全部出たら、

 死んじゃったりして」

とか思ってました。

 

今思い出すと、子どもながらにかなり冷静でした。

それは、当時ひどい喘息持ちだったからです。

重い発作の時は呼吸が出来ない。

酸素不足で朦朧、

意識不明なんてこともあったりしました。

 

そんな状況だったので

出血<呼吸困難みたいな・・。

 

 

鼻炎に関して受けたいろいろな処方、

「多少良くなったかな?」くらいで

根本的な治療にはなりませんでした。

 

今から思うと

あの季節は本当に耳鼻科医院は

とても混んでました。

 

大人になってから

その訳がわかりました。

 

続く