サヴィニャック展 ~練馬区立美術館

今日はお散歩がてら

西武池袋線の中村橋まで。

 

練馬区独立70周年記念展

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」

 

f:id:ohitorisamapiano:20180302191556j:plain

 

パリで活躍したポスター作家である

レイモン・サヴィニャック(1907-2002)

私がこの方を知ったのは

きつけのヘアサロンに飾ってあったから。

色合いや構図、ちょっと笑いを誘うような面白さ。

すごく印象的でした。

 

世間的な評価も・・・

 

ユーモアとエスプリの溢れるアート、

瞬時に人の心を射抜くアートであった。

知性豊かなクリエイターであった。

サヴィニャックの描くデッサンは常に、

「どのようにメッセージを届けるか」

という問いに対する視覚的な解答だった。

 

 

ボールペンのビック、お酒のチンザノ、

車のシトロエン、タイヤメーカーのダンロップミシュラン

石鹸のモンサヴォン、お鍋のティファール

パリ市など・・・

フランスの有名な会社の広告では

お馴染みのようです。

 

ちなみに 上  にアップした写真は

美術館前に掲げてあった看板。

これは鎮痛剤の広告。

一発で納得できる絵面ですよね~。

 

この展覧会では

原画をはじめ、ポスターの現物、

パリ市内の街角に貼ってあるポスターが映り込んでいる

1960年代の写真など

興味深いものをたくさん見ることが出来て

とってもよかったです。

 

f:id:ohitorisamapiano:20180302185752j:plain

 

入口ではこんな展示がお出迎え。

 

とにかく色彩がなんとも素敵。

 

 

4月15日(日)までの開催です。

 

www.neribun.or.jp