八ヶ岳南麓 ~お山にて

八ヶ岳南麓、山梨県北杜市と東京を行ったり来たり。自然に恵まれたお山の生活を楽しんでいます。

近松心中物語 ~新国立劇場

久しぶりの観劇で初台の新国立劇場へ。

 

今日の演目はこれです。

 

f:id:ohitorisamapiano:20180125214645j:plain

 

エントランスにはこんな活花が・・。

 

f:id:ohitorisamapiano:20180125215554j:plain

 

草月流のお家元、勅使河原茜さんの作品。

新年を感じさせるアレンジ。

そういえばまだ、お正月でした。

 

この「近松心中物語」は1979年に

蜷川幸雄演出で好評だった作品だそうです。

もちろん今日の演出は別の方、

いのうえひでのり氏。

 

遊女と若旦那の純愛。

 

お金持ちの男性がその遊女を

身請けするという話が出て、

彼女を自分のものに、そして人生を共にするため

若旦那が金を盗むという罪を犯してしまい、

哀しい結末を迎える、そんなストーリー。

もちろんベースは近松門左衛門の心中モノ。

 

京都の舞妓さんから

資産家の男性に水揚げされた

同年代の女性を知っているので

ちょっと重ね合わせて見てしまいました。

 

私自身、現実派なので

「純愛」に心から入り込める要素は

薄かったのですが、

対比として仕立てられている

別の男女のセリフや描写が

人間の情念や弱さを物語っていて

考えさせられること、いろいろでした。

 

大好きな堤真一宮沢りえ

やはりすごい役者さんでした。

 

お亡くなりになるまでの10年近く

蜷川幸雄演出の芝居は

ほとんど見ているのですが

さすがに1979年はまだ子どもだったので・・。

 

この作品、蜷川の演出で見たかったです。