<

薪ストーブへの愛着 ~山梨県北杜市

今は東京ですが、

お山では朝晩0度くらいの冷え込みだそうです。

ストーブの温もりが恋しい季節になりました。

薪がはぜる音、燃える匂い、ほんわりと感じる温かさ。

あぁ、早くお山に帰りたいです。

 

お山の暮らしのなかで

薪ストーブの魅力はただ空気を

温めてくれる以上に

魅力的のあるものです。

 

友人夫妻の家にある

ドブレというベルギー製の薪ストーブ

 

f:id:ohitorisamapiano:20171201173525j:plain

f:id:ohitorisamapiano:20171201173553j:plain

 

エレガントをさを感じるこの美しいフォルム、

そしていぶしてあるような黒。

このストーブを入れたくてお山の家を

建てたようなものなのに

構造上いろいろあって涙の断念。

その詳細は 過去記事「幻のドブレ」を

ご覧ください。

 

幻のドブレ ~山梨県北杜市 - 八ヶ岳南麓 ~お山にて~

 

  そして・・・結局、これになった。

 

f:id:ohitorisamapiano:20171201173909j:plain

 

これはアメリカの

ダッチウエストというメーカー

エンライトスモールという製品。

工務店の社長が、

「熱効率が最高にいいんですよ。」と

熱弁をふるってたっけ・・。

 

いかにもアメリカっぽいごっつさ。

開閉するためのフックはシルバー、

そして温度計がで~~んとついてて

なんとも無粋な感じ。

 

でもね、

3年も使っていると、

愛着は沸いてくるのですよ。

 

一生懸命、こんな感じで燃えてます。

 

  

 

ワイン飲みながら、

燃え盛る火を眺めるのは最高です。