<

50代 運転免許取得までの長い道⑦ 合格 ~山梨県北杜市

卒業検定の路上運転コースの運転も

回数を重ねて、

GW中にはすべてを終わりにしたい私。

 

仕事もオフだし、

朝8時30分からの技能教習の

当日キャンセル待ちをするため、

8時前には登校する!と決意。

送迎バスでは間に合わないから

早起きして電車でGO!

 

ラッキーにも、結構キャンセルが出て、

数時間をこなし、

なんとか技能の規定の時間である

仮免含めた33時間、

ようやく終えたのが5月。

 

最後の34時間目が卒業検定の見きわめ。

 

だいぶ慣れてきたとはいえ、

まだまだ自信なんかない。

確認はバタバタしちゃうし、

左折は膨らんでしまうし、

交差点の右折はタイミングがイマイチだし、

黄色信号はいまだに行け!か、止まれ!か

判断がつかない。

毎回注意されてる状態。

 

それでも・・

見きわめの時間が来てしまいました。

検定コースはなんとか

難なく行っていたみたいなのに、

学校へ戻る細い道で、

障害物を避けながら対向車が

はみ出し加減にこちらに向かってきた。

思わずハンドルを左に切ったら、

「あ~ぶつかる。電信柱!!」

とインストラクターに注意され、アウト。

 

「あそこまでは悪くなかったんだけどね」と言われ、

悲しいというより、

ちょっと自信が出たのです。

 

私の運転、変じゃないのね。

あれで、いいのね。

 

1時間補講をして、晴れて見きわめ合格。

 

そして予約した卒業検定は5月2日。

3人組で1台に乗り込み、

路上の検定コースへ。

1人目はめちゃ余裕な運転。うらやましい。

2人目、私。

いちおうヘマはしなかったと思ったけど、

自覚がないだけかも。

3人目。

この人は、時速20キロくらいしか

出してないのか?くらいのノロノロ運転。

途中で2回、検定員に

「スピードを確認してください」

と注意されていました。

他人事ながら

これは、ダメなんじゃないの?と思った。

 

それが終わると学校内のコースで

 

縦列駐車または方向転換

 

のどちらかを判定される。

 

私は

方向転換!

よかった、縦列駐車より、ずっとまし。

 

講習で受けた通りにやりました!

検定員さんがちらっと

「もちょっと前かな」と

独り言のように呟いてくれたおかげで、

脱輪せずに済みました。

 

すべてが終わり、結果発表。

 

やった~~~!合格です。

 

検定員からの一言は

とってもうれしかった。

「どの項目も、きちんと出来てましたよ。」

 

ほめられました。

すごく緊張した検定を終え、脱力してた私。

泣きそうにな気分。

 

そして一緒に検定を受けた3人とも合格。

 

私のあとに運転していた彼、

検定後に受付での職員との会話から

「入校から10ヶ月以内に

  卒業しなければならない」

という規約のなか、

あと数日しか猶予がないということを

知ってしまったのでした。

 

おそらく20代の若者だから、

これからまだまだ運転技能は
アップするでしょう。

よかったね。

 

その日は高速バスでお山に直行。

親戚がバス停まで迎えに来てくれて

お祝いしてもらいました。

 

半年間の自動車学校ストレスがなくなり、

身も身体も解放感。

GWはお山ライフを満喫したのでした。

 

続く