<

引き渡し ~山梨県北杜市

2014年4月25日、

無事引渡しが終わりました。

工務店の社長さん、

建築中にいろいろお世話になった

担当スタッフの方とともに

完成した私のお家へ入る

 

・・すごく感動でした!

 

扉を開けると納戸収納付きの土間玄関、

そしてテラスへと直線に続くタイル張り。

土間に置いてもらった薪ストーブは

ピカピカ。

靴を脱ぐと 狭いながらも

縦に解放感のあるリビング。

上は吹き抜けで

気持ちよい空間になっています。

途中で大雪というアクシデントに見回れ、

大変なことになったシステムキッチンも

しっかりセッティングされていました。

キッチン奥には

たくさんの収納棚階段備えた

パントリー兼洗濯機置き場と

土間付きの勝手口。

 

2階に上がると

お客様が泊まれるロフトのような空間、

 

 

そしてお気に入りの生地製

シェードのかかった寝室。

f:id:ohitorisamapiano:20171017221018j:plain

 

いろいろ悩みながら、

挫折しそうになりながらも

この日を迎えられて、

思わず涙が出そうになりました。

この家は南に顔を向けたソーラーハウス。
コントローラーを見たら

外気温が12℃くらいなのに室内は23℃。

暖かい、というより、

暑いくらいで窓は全開。

暑さ、それにもまして乾燥は

木材によくないとのこと。

早速ソーラーシステムの

基本的な操作方法をおしえていただき、

最後は薪ストーブの使い方、超初級編。

説明を受けながら、

実際にちょこっと木っ端を焚いてみました。

引き渡しという浮かれた気分の私、

1度にすべてを覚えられない・・。


また時期をあらためて

おしえていただきたくことにして

引き渡し終了。

この日は家の内、外と写真を撮りまくり

夜は持参した食料と

シャンパンで1人新築パーティー。
このために東京から大事に

くるんで持ってきたグラス。

f:id:ohitorisamapiano:20171017221306j:plain


戦時中、外国に駐在していた祖父が

現地で使っていたもの
言ってみれば形見のようなモノです。


家の中はまだ空っぽ、

その夜はシュラフで就寝。