<

キッチンの争奪戦 ~山梨県北杜市

大雪で車に閉じ込められた友人夫妻が

ようやく自宅に帰宅し、

その後心配して現場を見に行って

送ってくださった写真です。

 

f:id:ohitorisamapiano:20170927190504j:plain

この日で大工さんのお仕事は終了。

あとは内装工事になるようです。

 

「2階の電気配線、

 これでいいの?足りないんじゃない??」

という友人夫妻からのメッセージ。

あわてて図面確認したけど、

コンセントは各部屋につく予定。

でも、現地を見てないから、

とっても不安。

あぁ、早く現地に行きたい。

でも仕事が詰まっていて無理です。

 

そんなところに大きな問題が勃発。

 

サンウェ-ブの工場が

先日の大雪で壊滅状態だと

工務店からの連絡がありました。

昨年秋にLIXILショールームに4回も行って

いろいろ考えたキッチンプランは

すべてお釈迦になってしまいました。

 

クリナップの商品で考えてくれた

工務店からの新たなプランと見積りが、

早速メールで送られてきたので

チェックしましたが、

何万円か高くなっているし、

なによりクリナップのショールーム

現物を確認しなきゃいけないことに

なってしまいました。

 

よりにもよってこの時期2週間ほどは、

1年で一番忙しいのです。

 

気分はブルー、

でも家の引き渡しを

GWにお願いしている私としては

なんとかするしかない。

仕方なくショールームの予約をして、

クリナップのサイトをチェック。

うーん、

なんだか気分はウキウキしてこない。

色合いやシンクの形状、

いろいろな仕様も頭に入ってこないのです。

 

何ヶ月もサンウェ-ブの商品での

室内イメージを図面とともに

たびたび頭の中で反芻しては

あれやこれやと楽しんできたので

いまさら新しいイメージで、

と言われてもなかなか難しいのです。

 

数日後、クリナップのショールームへ。

 

LIXILの大きなショールームに比べると

こじんまりしているけど、

平日の午前中なのに

大勢のお客様で混雑状態。

担当してくれたコーディネーターの方に

「サンウェーブの商品を発注していたのに

工場が大雪で・・・」と話したら、

「今その状況のお客様が多くご来店です」

とのこと、なるほど。

 

既製品は在庫を奪い合う状況のようで、

「今月中は納品は難しい。

 来月もわからない」とは言いつつも、

私が質問や好みを伝える度に

在庫を確認しながら仕様書を

作ってくれました。

とっても丁寧な対応をしてくださり

厚く感謝です。

 

早めに予約を取って、動いて正解でした。

 

大雪がとんだことにまで

飛び火してしまいました。

 この件をゼネコン勤務の知り合いに話したら

「サンウェーブの工場、

    大変なことになっていて

 私の会社でもそこの復旧工事に

 大勢人員を割いてます」とのこと、

このゼネコンはにわかに

儲かったことになるんでしょうね。

 

続く