<

大雪 ~山梨県北杜市

2014年は雪の多い年でした。

2月7日土曜日にかなりの積雪があり、

東京は朝から交通がマヒしていました。

そして1週間後13日金曜日夜から

ひどく風吹始め、

土曜日にはまたまたかなりの積雪量でした。

工務店との打ち合わせは明後日だけど

大丈夫かしら?とは思いましたが、

まさか建設現場のある北杜市

雪に埋もれてしまっていたとは全然知らず。

 

翌日の夜になり、

友人夫妻がSNSでSOSを出しているのに

気づき、

ネットニュースを見たら、

山梨全域がすごいことになっていました。

山梨県内、地域によっては

自衛隊派遣も検討されているとのこと。

もはや災害です。

 

あとで聞くところによると

かれらは金曜日夜、降りだした雪の中を

中央道で北杜市に向かい、

途中で中央道閉鎖になって、

大月ICで下へ降りたら

すでに車の行列が出来ていて全然動かず、

結局5日間車の中で過ごしたとのこと。

ガスを満タンにしたばかりだったのと、

コンビニが徒歩圏内にあったのが

ラッキーだったようでした。

 

工務店からの日程変更メールが

入ったのは日曜日夜で

「建物の外へ一歩も出られない状況なので、

 延期させてください」とのこと、

たしかに工務店の社屋は

野生の猿が遊んでいるような山深い場所。

道路の除雪には時間がかかりそうです。

この時期、たくさんの現場を抱えて

忙しいということを聞いていたので、

お気の毒なこと。

「お気をつけて」としか

お返事できませんでした。

 

これも後で聞いた話ですが、

自社のブルで幹線道路まで

社長自ら除雪したらしいです。

それはそうでしょう・・

社員も行き着けないでしょうから。

 

さて、すでに屋根が

乗っかっている私のお家。

今頃どうなっているのかと

やきもきするも、なすすべなく

ただ東京から無事を

願うのみだったのでした。

 

20日になり、工務店スタッフさんから

現場の写真が送られてきてひとまず安心。

140㎝の積雪の中に

足場を組んだままの家。

南向きなのでだいぶ

溶けてきているようですが、

屋根にはまだ分厚く、

敷地にはうず高く雪が積もっています。

 

このスタッフさん、

私の家のように建築中の物件、
そしてこの工務店で建てた物件のなかで

別荘使いをしているお家の
すべて回って写真を送っていたようでした。

ご本人だって

雪に埋もれてしまった自分の家のことを

やらなければならないのに

なんだか申し訳ない気持ちでいっぱい。

でもそんなきめ細やかな対応が

この工務店のいいところです。

 

 とりあえず潰れなくって良かった!

 

 ここの地域は、

山梨の中でも陸の孤島となっていて

6日経ったそのときでも

主要道路しか除雪されて

いなかったようです。

ということは、山の上のほうの別荘地とか、

田んぼの中に立っている知り合いの家付近は

まだまだ雪の中だったのですね。

お山に住むということ、

心してかからなければと肝に銘じました。

 

続く