<

日差しが燦燦と ~山梨県北杜市

まだお正月休みで現場が動いてない

年始のある日、
大工さんも職人さんもいない建築現場を

工務店のご配慮で見せてもらいました。

上棟から約1ヵ月。
 地鎮祭以降、1回も行けなかった私のお家。

ドキドキしながら友人夫妻と

玄関から入りました。
私のお家ながら

「お邪魔しま~す」って感じ。

すでに窓ガラスも入っていて、

1階のにはめ殺しの天窓から
日差しがさんさんと降り注いでて

すごく素敵。

この頃までにLIXILショールームには

時間予約せずに
フリーに歩き回れる形で何回も足を運び、
迷っていたキッチンもほぼ決めました。
見積もりでいただいていたリーズナブルで

シンプルなシステムキッチン、
それでも、色や作業台の材質など

細々とした選択肢と、
「お好みで」というオプションが

いっぱいありまして。
上を見たらキリがないのが

このオプション群。
ちょっと油断して

いろいろオシャレにしちゃうと

すぐ金額がはね上がる。

見積りから変えたのは蛇口で

お掃除しやすいように

シャワータイプにして、

シンクにかける水切りカゴをつけました。

合わせて数万円アップ。

全体色は杉を使った部屋の床や

窓サッシに合わせ濃いブラウン系。

そして、一番大事なこと

エネルギー源は電気か?ガスか?

これは電気にしました。

3/11の大震災以降、

オール電化にしない人も

増えてるそうですが、

家の中に火を持ち込みたくない

という気持ちがあるから。

 

薪ストーブだって火・・。

ちょっと矛盾を感じつつ、

北杜市の山あいに

都市ガスがあるわけもなく、
その都度プロパンガスを

頼まなければならないのも面倒。
・・というわけで迷わず電気を選びました。


ソーラーハウスって

全てを太陽光でまかなえるなんて

素敵じゃない!


今から思い出すとこの時点で

ソーラーハウスの仕組みが

あまりよくわかってないのでした。

電気のことを含め能天気に

イメージ先行の私は

このあといろいろと

考え込むことになるのでした。