<

ショールーム ~山梨県北杜市

工務店からいただいた建築プラン見積書にはそれぞれの価格と

どこの会社で見積もられた商品かが

明記されてるのですが、

私のような素人が見ても

1回ではよくわからないものでした。

特にお風呂などはオプションなどが複雑で

事前にカタログ見ても??

 

11月頃からあれやこれやと

ショールーム通いが始まりました。

LIXILや青山サンワカンパニー、

照明のODELICなど

毎週末に訪れては

図面とにらめっこしながら

考え込んいた日々。


まずは新宿のLIXILショールームでの話。

ここは一流の住宅設備会社が

商品を展示している王道なところ。

お風呂やキッチン、トイレなどの水回り、

そして窓、玄関ドアなど、

工務店からの見積もりの90%くらいは

ここで見積もられた商品。

実物を見てYES or NO、NOの場合は

自分で好みのものを

選ばなければなりません。

予約を入れようと電話するも、

混雑していてなかなか希望の時間がとれず、
なんとか仕事の合間の時間をゲット。
当日受付に行くと担当だという

女性スタッフがご挨拶。
商品説明をしながら

注文書に記入していってくれる

システムのようです。
私が持参したのは工務店

山梨LIXIL に依頼した見積書。

その中に掲載されている実際の商品を

確認しながら各コーナーを回るのですが、
日曜日だからか、とにかく大混雑状態。

お風呂コーナーは

いろんな型番の浴槽や内装を

お家の中のお風呂場に

仕立てて見せるディスプレイですが、

通路からお風呂場をのぞき込めないほど

人がいっぱい。

見積もりではそこそこエコノミーな浴槽と

内装になっていたからそれでいいんだけど、

シャワーや蛇口のタイプはもうちょっと

他の商品と比較したい、

でも混んでいて近くで見られない。

しかたなく終了。

洗面台は安く上げるために、

洗面ボウルは一般的なものでなく

工務店で作った天板の中に

業務用のような洗面ボウルを

埋め込む形態のようで、実物はなし。

笑っちゃったのが蛇口です。

見積もりにあるのは、

まるで公衆トイレについているような、

ちゃちなモノ。

これはさすがにNG。
ここも混雑してたので、後回しにする。

玄関ドア、これはグレーの外装に合うように

白いおしゃれな感じのドア。

センスのよいチョイス

しかしこのシリーズでは

一番ランクが下のシンプルさ。

安くしてってお願いしたから

これになっているのでしょうが、
でもこれはもうちょっと

グレードアップしたい。

しかし・・・ドアってすごく高くて、

気に入ったものは

10万くらい値段が上がる。

・・考えたけど決めかねてペンディング

 

トイレはそこそこのランクのものが

見積もられていたので

「もうちょっと安いもの、ありますか?」

と担当のスタッフに

じっくり質問攻めしたら、

節水とかそういうことで

省エネになるとのこと。

では、このままで・・・・。