<

上棟 ~山梨県北杜市

上棟、いわゆる建前っていうアレです。

5歳のとき

父親が施主で自分の家の建前に出席。

大工さんたちが一升瓶を開けて乾杯し、

私たち家族とお祝いのお赤飯や

豪華な仕出し弁当を食べたのを

覚えていますが、

どういうことでおめでたいのか

よく理解できてなかった。

25歳のとき、父親が退職金を計算して

終の棲家を建てたのときが2度目の建前。

あいにく都合がつかず、欠席。

 

そして今回は自分が施主。

どうするもんかなぁと思って

基礎工事の期間に工務店に聞いたら

「最近はなさらないかたも多いですよ」

とのことでした。

建築現場は遠いし、

その時期はとにかく忙しいことは

工務店にも伝えてあったからか

上棟式を開きましょう」

などと言われることもなく、

そのまま時は過ぎていき・・・。

 

1月に入り、工務店の方が写真と共に

上棟の様子を知らせてくださいました。

 

f:id:ohitorisamapiano:20170927220640p:plain

床面積なんてほんとにちっちゃい家なのに

こうして写真を見ると

かなり立派な建築物件の様相・・・。

 

うれしいのはやまやま

でもこれから計画通り

私の思い通りの家になるように

進んでいくのだろうか?とか

心配事で頭がいっぱいになって

しばらくは不眠症になってました。

今から思い返すと笑えますが。

 

ここからの数か月は

上がったり下がったりの

気分だったのでした。