<

地鎮祭 ~山梨県北杜市

さて、いよいよ地鎮祭

2013年10月10日

台風一過の抜けるような青空。

この時期なのに気温28度くらい

かなりの暑さでした。

朝、8時のスーパーあずさ甲府

各停で韮崎駅へ。

車中でSUICAがないのに気付き

慌てて探すも見当たらず、

結局韮崎駅で実費を払って下車。

 

とにかく忙しい毎日で

細かいことを全然考えてなかったのですが、

前の晩遅くなってなって急に
「あぁ、神主さんへお納めするお金は

    どうするの?

     ご近所へのご挨拶の品は?」

と不安になり

あわてて友人夫妻にメールでお聞きして、

『初穂料』は熨斗袋に入れる

ご近所さんへのご挨拶のお品は必至!

 

ということを教えてきただき

朝7時過ぎの新宿駅構内でいろいろ調達。
たぶんそのときにSUICAを紛失したもよう。

 

工務店の社長さんが待っててくださり

車で建設予定地へ。

すでに現地では神主さん、営業担当さん、

現場監督さんが

草を刈ったり、祭壇を組んだりして

準備してくださっていました。

 

f:id:ohitorisamapiano:20170927190229j:plain

祭壇には尾頭付きの生の鯛

野菜などがお備えされていて

御神酒の用意も。

暑い中、神主さんが汗だくだくで

祝詞を上げてくださる。

 

「自分たちで御神酒をまくだけでも

    いいんですよ。」

と言われたけど

やはりこういうことは

きちんとしておきたいから

本式にしてもらいましたが、

よかった!

 

神様をお迎えして、供え物を捧げて

施主である私が「えいやえいやえいや!」

と3回鍬を入れ、そのあと現場監督が同じく3回鋤きを入れ、

敷地内の建物を建てる予定の場所に

結界をはってもらいました。

 

f:id:ohitorisamapiano:20170927190235j:plain

そして最後に建物の基礎の中に埋める

御札に関して神主さんから

ありがたいお話をいただきました。

もう2度と見ることはないけど

大切な大切な御札。

f:id:ohitorisamapiano:20170927190242j:plain

秋とは思えないほど、カンカン照りのすごい日差し。

でも来るべきここでの生活が

祝福されているような気がして、

とてもうれしかったのを覚えています。

終了後は工務店の本社に行って、

着工前最後の打ち合わせ。

 

消費税8%への増税を来春に控え、

私のような駆け込み工事が

多く予定されているとのこと、

本契約したのはこの日でした。

普通は地鎮祭より前に契約だろうに・・。

忙しくしている私が

北杜市まで行くことが難しいだろうと

気を使ってくださっていたとも

いえるかしら。

 

工務店にとってはすでに施工を終わっている

友人夫妻からの紹介ということで、

お互いに安心してことが進んでいたのは

確かです。